眼科で老眼チェックを受けよう【症状の悪化を回避】

コンテンツ一覧

症状と防止策

眼科

日常でのケア方法

老化現象の一つ、老眼は誰しも避けて通れない道です。人によっては40歳前後から始まりますが、症状について詳しくご存知でしょうか。いざというときに正しいケアをしてうまく付き合えるよう、症状とチェック方法について知っておきましょう。まずは老眼のメカニズムです。目が物体を認識する際、目の内部の毛様体筋という筋肉が収縮することで、水晶体というレンズに相当する部分の厚みを調整してピントを合わせます。年齢と共に筋肉が衰えたり、水晶体の弾力が失われたりしてくるとピント調整がうまく行えず、近くのものが見づらくなります。これを老眼と言います。近年では若者でもスマホやパソコンなど、近くを長時間見続けることで筋肉が凝り固まり、老眼のような症状を呈する場合もあります。初期症状としては、前述の近くが見づらいことに加え、薄暗いところで見えづらい、目がかすむ、目の疲れなどが現れます。簡単なチェック方法としては、目の前に指紋がぼやけて見える程度に指の内側をかざし、少しずつ顔から遠ざけます。指紋がはっきり見えるところでストップし、この距離を測ってみましょう。30?を超えている場合は老眼が始まっている可能性があります。自己チェックしてみておかしいなと感じたら、早めに眼科を受診するようにしましょう。チェックで問題がない場合も症状がある場合は、進行を抑止するために定期的に休憩を取る、目薬などのケア用品を取り入れるなどして、目に負担がかかりすぎないように注意してください。