眼科で老眼チェックを受けよう【症状の悪化を回避】

コンテンツ一覧

見えづらいと感じたら

婦人

簡単な方法で自己診断を

40代以降、見え方の変化を訴える人が多くいます。テレビや景色は変わらず良く見えるのに、新聞や本の文字が見えにくくなるのです。これを俗に老眼と言います。老眼の原因は加齢であり、病気ではなく老化現象なのです。人間の眼には物を見る時にレンズの役割を果たす「水晶体」があります。物を見る時はこの水晶体が自動的に薄くなったり厚くなったりしてピント調節をしているのです。しかし、加齢と共に水晶体は硬くなり、ピント調節機能を鈍くさせてしまうのです。老眼は手元の見えづらさだけでなく、眼のかすみや眼精疲労として自覚する場合もあります。また、見えづらさを我慢して生活していると眼精疲労が悪化したり、肩こりなどの症状として現れたりする事もあるので放置するのは危険です。自分が老眼になったかどうか、もちろん眼科を受診すればチェックしてもらえますが、自宅で簡単にセルフチェックも可能です。ピントが合う位置のことを近点と言いますが、自分の近点が何センチの位置にあるかチェックする事で老眼か否かが分かるのです。まずは人差し指を立てた手を目の前にかざします。指の指紋が見えるようにしますが、指紋がぼやけて見えるくらい近づけても大丈夫です。その指を徐々に目の前から離していき、指紋がはっきり見える位置に来たら指を動かすのをやめます。その時に顔と人差し指の位置が30センチ以上離れていたら老眼の可能性があります。老眼はただの老化現象だと軽くみてはいけません。先述の通り、見えづらいと感じながら生活していると、頭痛や肩こり、酷いと吐き気など様々な症状が出てしまう事があります。セルフチェックで老眼の可能性が見られた場合は、一度眼科の専門医に相談してみましょう。