眼科で老眼チェックを受けよう【症状の悪化を回避】

コンテンツ一覧

自分で防ぐ方法

女性

日頃の意識が大事

人によって違いますが、大体三十代半ばから老眼の症状が出る人が多いです。どのような場合に老眼を疑うのかというと、パソコンの文字や小さな文字が見えにくいという症状が出た時です。その際、しっかりと自分でセルフチェックをするようにしてください。セルフチェックの項目は簡単で、暗い場所で目が霞むことがあったり、細かい文字を見た後は頭痛がしたりするかどうかです。また、近くでものを見た後に遠くを見るとピントが合うまでに時間がかかる場合も老眼の可能性があります。ただ、このセルフチェック自体は老眼の可能性を示唆するものというだけです。そのためセルフチェックでは大丈夫だったとしても、違和感を感じる場合はきちんと眼科を受診して判断をしてもらってください。症状を和らげたり、そもそもの対策をしたりすることは日常生活の改善で簡単にできます。とても簡単な方法としては、目が疲れたと思ったり、一日の終わりに蒸しタオルなどで目の周りを温めたりするという方法です。こうすることによって血行が良くなり、毛様体筋がほぐれるので目の疲れを癒すことができます。そして、気をつけることとしては出来る限り遠くを見るようにすることです。携帯電話やパソコンなどを見ている時は近くのものにピントを合わせるので毛様体筋が収縮し、その状態が続くと目に負担をかけることになります。時々でもいいので、遠くを見てからまた作業に戻るといったような意識づけを自分なりにするようにしてください。