眼科で老眼チェックを受けよう【症状の悪化を回避】

コンテンツ一覧

自分で出来る調べ方

婦人

ネットやアプリの使用も

40代半ばを過ぎると老眼になる方も多く、新聞の文字が読みづらくなったり読書がしづらくなるなどの症状を経験する方が増えてきます。自分が老眼であるかをチェックする方法を知っていれば、忙しくて眼科に行く時間がない方でも老眼であるかどうかを確認する事が出来るので便利です。空いているわずかな時間で簡単に出来る老眼のチェック方法をご紹介します。自分で老眼のチェックをすぐに行える方法としては、人差し指を使って近点を調べる方法が挙げられます。近点の調べ方としては、人差し指を自分の顔の目の前において徐々に遠ざけていき、指紋の形がもっとも見えやすい位置で動きを止めるという方法です。自分の目の前に人差し指がある状態では、指紋がボヤけていて見えにくい状態ですが、近点が合う距離になると指紋がはっきりと見えるようになります。老眼の方の場合は、この近点が30センチ以上離れているという特徴があるため、人差し指の距離が自分の顔の位置から30センチ以上離れていた場合は老眼の可能性があるので注意が必要です。普段読んでいる新聞の文字の距離を離さないと読みにくくなったなどの症状が現れている方の場合は、近点の距離を調べると老眼の可能性が分かりやすいと言えます。近点だけではなくもっと本格的に調べたいという方には、老眼をチェックするためのアプリがオススメです。若年層の方にもスマホ老眼と呼ばれる症状が現れる方も多いため、視力を調べられるアプリの需要が高くなっています。